SIP PROTECTIONの研究と開発、品質と改革

SIP PROTECTION は、1990年という早い段階で、チェーンソー用防護ズボン開発のため試験装置を自社内に所有していました。
それは、業界初となる6層の防護レイヤーを加工したズボンを市場に送り出すという功績につながりました。
今日では、アップグレードされた試験装置にて、さらなる斬新さ、安全性、軽量化、快適性を追求した防護素材の開発に取り組んでいます。それに加え、お客様が当社に期待される高い安全性を確保するために、製造過程にある製品に対して定期的なもの以外に抜き打ちによる安全検査を行っています。検査は、新しい生地、材料、付属品を探索する上で非常に重要となります。
我々の要求に最適な生地を選出するために、様々なテストを種類の異なる生地に対して行っています。
新しいチェーンソー防護製品の販売をするにあたり、徹底した試験は最重要課題となります。
初期テストは自社内試験装置にて行われ、後期の段階ではEN認証を得るために、独立機関による再試験が行われます。

チェーンソー防護機能に対する自社内での試験の様子

接触前

作業中のチェーンソーがテスト用義足に接近している画像
実際の現場で、チェーンソー用ズボンをはいていない場合、ほんの一瞬で致命的な事故に至る可能性があります。
この時点で作業員は、自分の身が危険にさらされていることに気づきません。

接触時

防護ズボンを着用したテスト用義足に、実際にチェーンソーが触れている画像
防護繊維がスプロケットに引き込まれているのがはっきりとわかります、チェーンソーが停止している画像から、接触時点で防護機能の効果が証明されます。
実際の現場ではこの時点において、防護ズボンを着用している作業員は何が起きているかに気付きません。

接触後

二回目の引裂後、ブレードのソーチェーンは完全にブロックされています。
実際の現場では、防護ズボンを着用した作業員はこの時点でやっと異変に気付き始め、数秒後に完全に身の危険を察知することになります。防護機能なしでは、重傷は避けられません。